INTERVIEW 社員インタビュー

介護スタッフ

山本佳輝

YAMAMOTO YOSHIKI

2016年 入社

介護スタッフ

山本佳輝

YAMAMOTO YOSHIKI

2016年 入社

プロフィール

  • -名前 山本佳輝
  • -入社年 2016年/介護スペシャリストコース入社
  • -資格 _
  • -所属 スーパー・コートあやめ池
  • -出身校 大阪経済大学

学生時代は、ソフトテニスサークルに加入。「スーパー・コートらしさを一言で言うと、“ありがとう”が溢れている会社。意見を言いやすい環境なので、自分らしく働けますよ」と山本さん。

01 人と関わる仕事がしたかった

学生時代は人間科学部で心理や健康、スポーツといった「人」にまつわる分野を幅広く学んでいました。
今まで介護に携わったことはありませんでしたが、人と関わることができる仕事、すぐに成果が見える仕事に就きたいと思い、就職活動では介護業界を目指すことにしたんです。
はじめての就職活動で不安だらけだったのですが、スーパー・コートの説明会はどこよりも雰囲気が良かったことを覚えています。
職員同士の仲が良いことに加え、就活生同士の交流も生まれたりしている様子から「つながりを大切にしているんだな」ということを肌で感じ、入社を決めました。

02 楽しさと難しさが自分を成長させる

入社後2週間は本社での研修。介護のことはもちろん接遇やホスピタリティについても多く学びました。 現在は、月に1度のブログ更新や館内で配布しているチラシの「のぞみ」の写真撮影を行ったりと、ご入居者の介護だけではなく、幅広いお仕事を任せていただいています。
人と関わることが好きな私にとって介護の現場は、たくさんの方の笑顔を見ることができるやりがいのある場所。でも、苦労する点も少なくありません。たとえば、入浴を拒否されることもあるんです。
そんなときは焦らずに「どんな声を掛けたら入浴してもらえるのか」を考えて行動するようにしていますね。そんな毎日を経験しながら、日々成長しているように感じます。

03 地域貢献を自ら生み出すことができる

現在、私が所属しているスーパー・コートあやめ池では、外部レクリエーションを取り入れる取り組みを行ったり、古紙を集めてトイレットペーパーにかえたり、地域全体を巻き込みながら社会貢献に繋がる取り組みを強化しています。
ですが、これは、スーパー・コートの一部の取り組みにすぎません。新卒が主軸となって、さまざまな企画の立案、提案、実行までを行いながら、地域やご入居者との繋がりを生み出していく。 そんな活動に、喜びとやりがいを感じています。

特に印象的だった活動は、ハロウィンイベントでかぼちゃのプリンを作ったこと。職員全員でかぼちゃプリンを作りご入居者に提供したのですが、とても大好評だったんです。目の前で嬉しそうに喜んでくれる姿を見ると、こちらまで嬉しくなります。

メッセージ | MESSAGE

山本佳輝

YAMAMOTO YOSHIKI

今後もずっと現場の最前線に立っていたいと思います。ご入居者との関わりを大切にしているスーパー・コートだからこそ、技術や知識も学んで行けると思っています。新しく入ってくるメンバーに期待することはとてもシンプル。
おじいちゃん、おばあちゃんのことが好きな人。
ご入居者とのコミュニケーションを「仕事」ととらえるのではなく、「日常」ととらえられる人と一緒に働きたいですね。
自分らしく働きたい、と思う人にはぴったりの環境だと思いますよ。