INTERVIEW 社員インタビュー

介護スタッフ

大谷有希

OTANI YUKI

2016年 入社

介護スタッフ

大谷有希

OTANI YUKI

2016年 入社

プロフィール

  • -名前 大谷有希
  • -入社年 2016年/運営マネジメントコース入社
  • -資格 _
  • -所属 スーパー・コート東住吉2号館
  • -出身校 関西大学

大学時代は経済、経営、福祉を幅広く学んだそう。スーパー・コートの「自律型感動人間」という考えに感動したという大谷さん。「自ら考えて行動できる人、感謝しながら感動させることができる人を目指したいですね」

01 親しみやすい雰囲気

昔からやりたいと思ったことは全て行動に移さないと気が済まない性格。飲食や販売など、興味のあるアルバイトは全て経験しました。その中の一つに、障がい者施設のアルバイトもあったんです。高校で福祉の授業があったことがきっかけでした。
就職活動は銀行をメインにしながら、ブライダルなど、いろんな業界を見るようにしました。スーパー・コートに入社を決めた一番の理由は、社員の皆さんが笑顔だったこと。就職活動に悩んでいたら「大丈夫だよ」と、納得するまで一緒に悩んでくださったことが、とても嬉しかったんです。 笑顔、挨拶、親しみやすさが明るい雰囲気を作っていて、素敵だなと思いました。

02 アイディアを形にできる喜び

私が働いている東住吉2号館は、スーパー・コートの中でも唯一の24時間看護体制を取り入れている重度医療対応施設です。職員のサポートを必要とする重度のご入居者が多いので、小さな状態の変化に気づくか気づかないか、が大切なんです。 そこで私がはじめた取り組みは「とろみ」の数値化。お茶やお水など、そのまま飲み込めないご入居者に、どのレベルのとろみをつければ難なく飲んでもらえるかを管理するというもの。数値化によって職員同士の連携がスムーズになったり、ご入居者の現状が一目で分かる一つのきっかけになればいいなと、思っています。キャリアに関係なくアイディアや意見を提案し、すぐに挑戦できる環境はやりがいにも繋がっています。

03 地域とのふれあいが、安心と信頼を芽生えさせる

スーパー・コートは、地域に根付いている点が特徴です。そのため、もとはご近所にお住まいのご入居者も数多くいらっしゃいます。町内の公園掃除のお手伝い、古紙回収を一緒に行ったり、散歩中に挨拶したり。一見、地道な活動に聞こえてしまうかもしれませんが、顔と顔をあわせることがスーパー・コートへの信頼や安心感、地域との絆を生み出してくれるものだと思います。

メッセージ | MESSAGE

大谷有希

OTANI YUKI

振り返ってみると、スーパー・コートでの新卒の研修が私の支えでもありました。 研修があるたびに同期と顔を合わせ、悩みを共有しあう。悩みや目標を同じ立場、同じ目線で共有し合える仲間がいることは、とても幸せだし嬉しいことですよね。

また、人の気持ちになって物事を考えることができる人にはぴったりの会社だと思いますよ。
みなさんの入社をお待ちしています!