INTERVIEW 社員インタビュー

施設長

山本尚希

YAMAMOTO NAOKI

2012年 入社

資格

介護福祉士/シルバー(ケアマイスター)

施設長

山本尚希

YAMAMOTO NAOKI

2012年 入社

プロフィール

  • -名前 山本尚希
  • -入社年 2012年
  • -資格 介護福祉士/シルバー(ケアマイスター)
  • -所属 スーパー・コート豊中緑地公園 施設長
  • -出身校 兵庫県立大学

学生時代はソフトボール部に所属。「スーパー・コート」の魅力は、研修が多いこと。自己成長のための研修が充実しているので、いろんな考え方を吸収できることがおもしろいそう。「同期は良きライバルであり、支え合える仲間」と山本さん。

01 「一緒に働きたい」と素直に思えた説明会。

就職活動は、福祉業界に絞っていました。と言うのも大学生の頃から「福祉に進みたい」と強く思っていたからです。人と関わることが自分に向いていると自覚していたことと、高齢者の皆さんへ何か貢献したい、とずっと考えていました。 スーパー・コートに入社を決めた理由はとてもシンプル。説明会に参加したとき「ここで働きたい」と素直に思えたからです。社員の皆さんが、緊張している学生の私たちに優しく話しかけてくださったり、温かい雰囲気を作ってくださった姿を見て「あの人たちと一緒に働きたい」と思ったんです。面接でも、私の話をゆっくり引き出してくださったことがとても嬉しかったですね。

02 自分を成長させてくれたキャリアアップ

入社後は1年で異動を経験しました。新規オープンの立ちあげに関わらせていただいてからは、2013年にリーダー、2014年に副主任、2015年に主任、そして2016年の7月、施設長に任命していただきました。施設長になることは予想していなかったのですが、上司から推薦を受けて任せていただくことになりました。振り返ってみると、現場で働いていた頃はとても物静かなタイプだったんです。 でも「今日しよう」と思ったことはすぐに行動に移すことが私の強み。そんな行動力を原動力にして、毎日を過ごしていたように思います。

03 人と関わること。それが一番大切。

施設長になってまだまだ日は浅いですが、関わってくださる皆さんと積極的にコミュニケーションがとれる職場にしていきたいと思っています。施設長の仕事として大切なことは、数字や利益の管理だけではなく、人のコントロールも然りだと考えています。だからこそ、職員一人ひとりには「今日はどんな人と話ができましたか?」と必ず聞くように心がけています。 個人的な目標は、自分の上司のような人になること。どんな人からも信頼される施設長になりたいですね。

メッセージ | MESSAGE

山本尚希

YAMAMOTO NAOKI

福祉という枠に留まらず「やりたいこと」を持っている人にはうってつけの場所だと思います。また、福祉業界は、挑戦したいこと、実践したいことを一番はじめに実現できる場所。自分の力を試したい、幹部候補になりたい、という夢を持っている方、ぜひ手を挙げて下さい。がんばりたい!という意思がある人には、そのチャンスとフィールドを与えるのが、スーパー・コートの魅力です。知識がなくても大丈夫。なぜなら私がそうだったからです。経験や知識がなくても、ここまでやってくることができました。 ぜひ、私たちと一緒にスーパー・コートを成長させましょう!